Kindle本『20代若手営業マンの見た目磨き』を出しました!

あなたの職場のドレスコードは?スーツとジャケパンを着こなそう!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • 新入社員から若手社員に変わり、見た目を新調したい!
  • 社内の上司や先輩社員の服装を見てみるとスーツ姿とスーツじゃない人がいる。
  • スーツとジャケパンは見た目としてどう違うんだろう?

今回はそんな悩みを持つあなたに向けて、あなたの職場に合う「スーツ」と「ジャケパン」スタイルの選び方について解説します。

仕事に慣れてきた今、若手の営業マンとして社内にも社外にも良い印象を与える見た目を手に入れたい。そんな中、自身の社内を見渡してみるとスーツ姿の人もいれば、スーツ姿ではなくジャケパンスタイルの人がいるのではないでしょうか

若葉くん

若手社員の自分はどんな格好をしたら良いのかな…

今回はそんなあなたに、スーツとジャケパンについて解説していきます。
ビジネスファッションには「スーツ」「ジャケパン」の2種類があり、スーツやジャケパンによって与える印象や雰囲気が大きく変わってきます。
ではその見た目はどのように選ぶと良いのでしょうか。

そこで今回は「スーツ」「ジャケパン」の特徴や印象についてと、あなたの職業・職場にあったビジネスファッションスタイルの選び方ついて順序立てて解説していきます!

両スタイルの違いを知り、自身の勤め先にあったスタイルを選ぶことで、社内・社外でイケてる見た目を手に入れることができます。

紅葉さん

自分もスーツを選ぶ際の基準になって選びやすくなったよ。

記事前半ではスーツとジャケパンの特徴や印象についてを、後半ではあなたの職業、職場にあったスタイルの選び方を解説していきますので、ぜひじっくり読み込んでください!

目次

「スーツスタイル」と「ジャケパンスタイル」の特徴

そもそもスーツスタイルとジャケパンスタイルにはどんな違いがあるのでしょうか。

結論、違いは下記のとおりです。

スーツの特徴
  • 同一の生地を使用し作成され上下セットで販売されているもの。
  • スーツに使用される素材は薄いことが多い。
  • 表面がツヤツヤしているが特徴。
ジャケパンの特徴
  • 「ジャケット」と「パンツ」を組み合わせたもの。
  • スーツに比べるとカジュアルな印象。
  • 上下別の生地を使用したものが多数。
  • 上下で自由に組み合わせを選べるため選択肢が多い。

詳細を解説していきます!

スーツスタイルとは?【きっちりめの職場にオススメ!】

スーツの特徴
  • 同一の生地を使用し作成され上下セットで販売されているもの。
  • スーツに使用される素材は薄いことが多い。
  • 表面がツヤツヤしているが特徴。

大学時代や入社前に購入する際のビジネス用の服として選ばれることが多いです。
学生時代で例えるなら「学ラン」のようなものです。

スーツスタイルはフォーマルな印象を与えます。
そのため冠婚葬祭やビジネスの場で活用される服として選ばれています。
大体の営業マンはスーツスタイルの服を選ぶと失敗は少ないでしょう。

ジャケパンスタイルとは?【カジュアルな職場にオススメ!】

ジャケパンの特徴
  • 「ジャケット」と「パンツ」を組み合わせたもの。
  • スーツに比べるとカジュアルな印象。
  • 上下別の生地を使用したものが多数。
  • 上下で自由に組み合わせを選べるため選択肢が多い。

ジャケパンは組み合わせが多くあるため、ある程度慣れてきてから挑戦できる服になります。
学生時代で例えるなら「ブレザー」のようなものです。

ジャケパンスタイルは自身に似合ったものを着ればおしゃれな印象を与えます。
そのためITやベンチャー企業の緩めの営業であればビジネスカジュアルな服として選ばれています。

但しカジュアル過ぎるとだらしなく見えたり、チャラい印象を与えてしまいます。
営業マンとしてジャケパンスタイルを選ぶ際はお客様とお会いしても不快にさせない姿を意識して行いましょう。

営業マンのあなたは「スーツ」と「ジャケパン」をどう決める?

では営業マンのあなたは「スーツスタイル」「ジャケパンスタイル」どちらを選べば良いのでしょうか。
そんなときに確認したいのが会社のドレスコード、上司、先輩の服装です。

会社のドレスコードを知り、手に入れる見た目の方針を決めよう!

まず確認しておきたいのが会社のドレスコードです。
ドレスコードとは別名「服装規定」と言い、「場面や場所で然るべきとされる服装の基準」「周囲への配慮から始まったエチケット」を意味します。

銀行や保険などの硬めの営業ならきっちりとした服。
ITやベンチャー企業の緩めの営業ならジャケパンなどビジネスカジュアルな服のイメージがあるのではないでしょうか。

営業職であれば相手を不快にさせないことが一番最初は大事です。
会社としてマニュアルがあり、正解の見た目があるのであれば、そこはしっかり押さえましょう。

結果を出している上司や先輩社員、お客様の見た目を真似しよう!

またもし社内規定に書いていない場合は、社長や上司、先輩社員の服装や、商談時にお会いするお客様によって決めましょう。
特に結果を出している上司や先輩社員の見た目を真似するのがオススメです。

結果を出している上司や先輩は結果を出している見た目を手に入れていることが多いです。
聞けるのであればどんなところでスーツを購入しているのか。
どんなポイントを意識して着ているのかを聞いてみましょう。

訪問先のお客様の見た目から服装を選ぶのもオススメです。
お堅めの企業様であったり、きっちり系のお客様が相手であればスーツ姿を。
カジュアルめな企業であったり、フランクなお客様であればジャケパン姿といったように相手目線で決めていきましょう。

まとめ:職場やお客様に合わせてあったものを手に入れよう!

ビジネスの服の中では「スーツ」「ジャケパン」と呼ばれる服装の選択肢がありますが、今回はそれって何というあなたへ向けてスーツとジャケパンについて解説していきました。

ビジネスファッションには「スーツ」「ジャケパン」の2種類があります。大きな違いは下記の通りです。

スーツの特徴
  • 同一の生地を使用し作成され上下セットで販売されているもの。
  • スーツに使用される素材は薄いことが多い。
  • 表面がツヤツヤしているが特徴。
ジャケパンの特徴
  • 「ジャケット」と「パンツ」を組み合わせたもの。
  • スーツに比べるとカジュアルな印象。
  • 上下別の生地を使用したものが多数。
  • 上下で自由に組み合わせを選べるため選択肢が多い。

あなたにあった見た目を選ぶときは自身の務める会社から確認するのがオススメです。特に、

  • 会社のドレスコード(社内規定)の確認
  • 管理職や上司、先輩社員のスーツ姿の特徴
  • 訪問先のお客様の服装

に注目してお客様を不快にさせない服装を選んでいきましょう!

Kindle本出しました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

27歳食品メーカーの営業マン。
このブログでは営業マンの自己肯定感を上げる見た目の手に入れ方について発信しています。
新日本プロレス、わざと迷子になる散歩が好き。
イタリアの伊達男みたいになりたい!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次